世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

中日ドラゴンズ 「立浪監督」に”ダメ監督”の匂いが、、、!?

成功するか、失敗するか、両極端だろうな?とは思っていた「立浪監督」

 

ここまで見ると、どうも”失敗”の雰囲気しか感じられない監督業。

 

やはり、現役中、偉大だった人はどうも上手くいかないパターンが多く、立浪和義も雲行きが怪しい。

 

ちなみに、自分の中で”ダメ監督”として認識しているのは、近鉄の「鈴木啓示」、巨人の「堀内恒夫」、ロッテの「有藤通世」、オリックスの「土井正三」「伊原春樹」、阪神の「村山実」、中日の「山田久志」らが挙げられるが、残念ながら「立浪和義」も、これらの監督と雰囲気が酷似してきている。

 

 

成績を残してきた人というのは、どうしても選手を下に見る人が多く、技術を教えても出来ない選手には「どうして、理解できない?何でこんな事もできない?」となるようだ。

 

その為、選手が委縮してしまうパターンが往々にしてあり、監督の顔色を覗いながらプレーする事になり、本来の力を発揮できないという状況になりがちである。

 

立浪和義という選手は、現役中もかなりの実績を残しているため、チームの中でも「お山の大将」とでも言うか、誰も逆らえないような立場になっていたのだろう。

 

監督になっても、そういった権力的なものを誇示すれば、どうしてもチームの雰囲気は悪くなっていくのではないだろうか?

 

「俺の言う事を聞いてりゃいいんだ!俺に逆らうとどうなるかわかってんだろうな!?」というような強権を発動しているような気がしてならない。

 

 

落合博満」が、立浪は監督に向いていないというような発言を過去にした事があったようだが、こうなる事を予見していたのではないだろうか。

 

今回の相次ぐトレードも賛否両論のようだが、意外と賛同している意見も多いのが不思議でならない。

 

打てないチームを更に打てなくしてどうするんだ!?って感じ。

 

広いバンテリンドームだから、やはり投手力を含めたディフェンスのチームを作り上げるのが正しいというのが論調のようであるが、、、

 

しかし、打てないチームで何とか形を保っていたのが「阿部」であり、(それでも、他球団から見たらショボい成績なのだが、、、)まあ、彼がいなかったら中日は更にひどい借金を作っていただろう。

 

中日】阿部寿樹〝放出トレード〟やっぱり物議「立浪監督でなければできなかった」と絶賛の声も(東スポWEB) - Yahoo!ニュース

 

「京田」にしても、さすがにあそこまで打てなくなれば、放出も止む無しと言えなくもないが、そこを何とか復活させるのも監督の務め、腕の見せ所なのではないだろうか?

 

京田が立浪監督に指導された事を続けず、勝手に自分でバッティングフォームをコロコロ変えてしまっていたのが逆鱗に触れたそうだが、、、

 

しかし、以前も書いたが、立浪監督の技術的な指導も正しいのだろうが、選手に合う合わないがあり、それで選手が更に迷ってしまって頭が混乱してフォームがバラバラになってしまったという事もあったのでは?

 

今回のトレードでの放出時に「ずっと頑固やったな。何でそんな頑固なんや?お前、変わらんかったな。」というような声をかけたそうだが、それではまるで、一般社会でもよくある左遷させた嫌味な上司のパワハラと変わらない発言に聞こえてしまう。

 

環境を変えて、やり直させる親心と言えば聞こえはいいのだが、結局、上記のように上司権限で合わない部下を追い出す輩と何ら変わりないのではないか?

 

中日】立浪監督の危険な「見切りの早さ」と「相手に足元を見られた」先輩OBが指摘 | 東スポWEB

 

星野仙一監督」のように、思い切った血の入れ替えというか、大幅なチーム改革を断行しているとも取れるが、どうしても「気に入らない奴」を放出しているとしか思えない。

 

それが証拠に、交換相手がロートルの「涌井」と、中継ぎ左腕の「砂田」というのも解せない。

 

もっと若手の野手とか、期待が持てるような選手はいなかったのだろうか?

 

ガラッとチームを一新して、新たに一からチームを作り上げていく、、、と言えば聞こえがいいのだが、果たしてそう上手くいくだろうか?

 

失敗したら、それこそ「ヘボ監督」のレッテルを貼られてしまうのだが、、、

 

中日・片岡篤史二軍監督が語る立浪和義監督。引退から12年間で丸くなったが「キャプテンの厳しさ」は健在|プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌  スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

 

今回のドラフトで4人も内野手を取ったので、土田を含め、それらで何とか賄っていこうという考えのようだが、いかんせんルーキーなんて未知数である。

 

以前も書いた通り、実はビシエドも期待できない外国人選手だし、複数年契約してしまっているので使わざるを得ない。

 

本来ならビシエドもトレードで放出して、もっと良い外国人選手を獲得すべきである。

 

まあ、最近の外国人選手というのはモノになる選手もほとんどいなくて、昔のように大活躍するような長距離砲というのもなかなか出てこないという状況でもあるのだが。

 

 

立浪監督自身がドミニカに行って、新しい外国人選手を探しているようだが、その目利きだって怪しいものである。

 

外国人選手なんて宝くじと一緒で、使ってみなければ分からず、当たりよりも外れの方が多いのだから。

 

今回の放出劇で、チームがガタガタになってしまう恐れがある。

 

もっと雰囲気を良くして、選手がやりやすい環境を作ってやるのも監督の度量なのではないのか?立浪監督になってから、更にチームがギクシャクし出したような気がしてならない。

 

何故、皆、正直にこういった意見を言わないのか?立浪監督に忖度でもしているとしか思えない。

 

立浪監督は正しい、得をしたというような論調・意見も多いが、更に中日の「暗黒時代」が続きそうな予感が漂う今日この頃なのである。

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com