世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

意味不明の怪作映画!? 「スイス・アーミー・マン」

スイス・アーミー・マン

スイス・アーミー・マン』(原題:Swiss Army Man)は2016年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督・脚本はダニエル・シャイナートダニエル・クワンからなるコンビ・ダニエルズ英語版が、主演はポール・ダノダニエル・ラドクリフが務めた。

作品は2016年1月22日に2016年英語版サンダンス映画祭でワールドプレミアを迎え、同年6月24日に限定公開英語版、7月1日に全米公開された。公開に際して批評家の間では概ね好評を得た。日本ではTOHOシネマズ シャンテほかで2017年9月22日に公開された

原題の「Swiss Army Man」は、死体のメニーがスイスアーミーナイフのように様々な機能を備えていることに由来している。

スイス・アーミー・マン - Wikipedia

 

Amazon.co.jp: スイス・アーミー・マン(字幕版)を観る | Prime Video

 

ぶっ飛んだ発想の珍妙な洋画「スイス・アーミー・マン

意味が分からなくて、見終わった後もなんか頭がモヤモヤします(苦笑)

 

 

【あらすじ】

無人島に流れ着いたハンクは絶望から自死しようとしていた。その矢先、彼は浜辺に打ち上げられていた死体を発見した。ハンクは人工呼吸による蘇生を試みたが、失敗に終わってしまった。その死体はガスで膨れ上がっており、水に浮いていた。しかも、ガスの排出によって、死体は沖合に出ようとしていた。死体に飛び乗ったハンクは、ジェットスキーの要領で死体に乗って沖合へと向かった。何とか大きな島にたどり着けたものの、そこも無人島であることには変わりなかった。その夜、ハンクは死体と共に洞窟で眠りについた。夜の間に降った雨水が死体の口の中に流れ込んだ結果、死体は飲料水の供給源となった。さらに驚くべきことに、死体は英語を話し始め、自らをメニーと名乗った。海岸で拾ったポルノ雑誌を見て勃起したメニーに苦笑したハンクだったが、そのペニス方位磁針の役割を果たせることに気が付いた。メニーは生前の記憶を全てなくしていたため、ハンクは彼に様々なことを教えてあげた。しかし、メニーの子供じみた態度はハンクを苛立たせることもあった。

ハンクの故郷へと向かう道中、ハンクはメニーに食べることや映画館に行くことの喜びを語った。そこら辺に生い茂っていた植物やゴミを利用して、ハンクは即興劇をやった。その内容はメニーがサラという名前の女性と恋に落ちるというものだった。劇の内容を真に受けたメニーは、自分の愛するサラがいるハンクの故郷へ帰る意志をより強くした。しかし、サラというのはハンクが一目惚れした女性の名前であった。ハンクはサラとバス停で毎日顔を合わせていたのだが、1回も会話したことがなかった。ハンクは彼女に話しかける勇気を持ち合わせていなかったのである。しかし、彼女を隠し撮りして、その写真を自分の携帯電話の待ち受け画面にすることはできた。SNSの投稿を通して、ハンクはサラが既婚者であることを知っていたが、それでも恋愛感情が消えることはなかった。

に襲われるという絶体絶命の危機を乗り切った2人は、遂に故郷へと辿り着いた。ところが、死体と共に帰還したために、とんでもない混乱が生じてしまうのだった。

スイス・アーミー・マン - Wikipedia

 

ハチャメチャな驚愕映像からエモーションが立ちのぼる快作!『スイス・アーミー・マン』|洋画専門チャンネル ザ・シネマ

 

監督は二人で、ダニエル・シャイナートダニエル・クワンという二人の「ダニエルズ」の作品とのこと。

最初に「おかしな映像」が頭に浮かんで制作されたそうです?

死体をスイスアーミーナイフのように様々な用途に使うというのが、発想からしておかしい?

 

多分、映画好きな人とかは、「この作品は実はこんな深い意味が隠されてるんだ!」みたいな事を”したり顔”で語りそうだけど、はっきり言って「意味不明の怪作」で特に意味など求めないのが正解なのでは、、、?

【批評】

サンダンス映画祭では、その設定の奇抜さについて行けなかった観客が途中退席した

本作は賛否両論となったが、肯定派の方が優勢である。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには180件のレビューがあり、批評家支持率は68%、平均点は10点満点で6.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「好感の持てる奇抜さと実に見事な演技のお陰で、『スイス・アーミー・マン』は勇気ある観客にカテゴライズ不可能な体験をさせることができる。」となっている。また、Metacriticには36件のレビューがあり、加重平均値は64/100となっている

バラエティ』のピーター・デブルージは「『スイス・アーミー・マン』の不気味さは勲章のようなものであろうし、またそうあるべき作品だ。」と評している

ハリウッド・レポーター』のレズリー・フェルペリンは、「どたばた演技の身体機能全ての対比として、ダノとラドクリフは魅力的なまでの熱心さを見せ、段階を踏むことの重要性を加え、確かに痛ましい儚さを体現した」と評した。『ガーディアン』紙に論評を寄せたジョーダン・ホフマンは、5つ星中3つ星を付けた上で、「〔作品は〕粗雑で馬鹿馬鹿しいが、ふたり〔=ダノとラドクリフ〕の良い演技と、音楽と編集の上品な使い方によって、すこし感動的なものになる」と述べた

トークイベントに参加した町山広美は、「『人のおならがなんで嫌なんだろう?』というのを、自分と他者の違いを表現するために選んだ面白さがありますよね。まさかおならで泣くとは!」と評した。『映画.com』に評論を寄せた村山章は、「強烈にヘンな珍作だが、創意工夫に満ちたビジュアルと、ぬくもりと切なさと希望をたっぷり味わって欲しい」とまとめた。またなかざわひでゆきは、「シュールでブラックな笑いを散りばめながら、生きるとは何ぞや?を問いかける脚本は素晴らしく秀逸。言葉を喋り始める死体が、果たして主人公の妄想なのかどうか、最後までハッキリとさせないところもいい」と述べた。

スイス・アーミー・マン - Wikipedia

 

Download スイス・アーミー・マン・日本語字幕や吹替えで動画をフルで images for free

 

やっぱり、途中で観るのを止めて退席する人も続出したとのこと。

賛否両論だけど、意外にも肯定派の方が多かったらしい。

シュールな実験的作品というか、はっきり言って「自己満足」的な作品だと思うけど、、、

まあ、確かに「生きるとは何ぞや?」という事を問いかけている作品とも言えますけどね。(苦笑)

 

 

映画『スイス・アーミー・マン』の内容と見どころをご紹介 - ENGLISH JOURNAL ONLINE

 

気になる映画ニュース:ダニエル・ラドクリフがアカペラで歌うスイス・アーミー・マンのMVが公開 : ノースキー シネマズ : 映画の感想ブログ

 

スイス・アーミー・マン』公式サイト

 

無人島で万能な死体と友だちになる映画「スイスアーミーマン」予告編 | ギズモード・ジャパン

 

スイス・アーミー・マンをネタバレ!主人公は精神病?あらすじや感想・結末を考察 | 大人のためのエンターテイメントメディアBiBi[ビビ]

 

スイス・アーミー・マン』:引きこもりから見た世界 - INSIGHT NOW!プロフェッショナル

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com