世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

1989年度アカデミー賞受賞作 「ドライビング Miss デイジー」

ドライビング Miss デイジー

ドライビング Miss デイジー』(原題: Driving Miss Daisy)は、1989年製作のアメリカ映画ブルース・ベレスフォード監督によるハートウォーミングストーリー。人種差別が法的に許されていた1940年代から公民権法が施行された1970年代アメリカ南部を舞台に、老齢のユダヤ系未亡人とアフリカ系運転手の交流をユーモラスに描く。

ドライビング Miss デイジー - Wikipedia

 

映画『ドライビングMissデイジー』に出演していたキャストの現在【アカデミー賞】 | ciatr[シアター]

 

第62回アカデミー賞で作品賞を含む9部門を受賞した作品。

高齢ユダヤ系未亡人とアフリカ系黒人運転手の心の交流を描いたハートウォーミングストーリーである。

 

 

【概要】

原作は1987年度のピューリッツァー賞演劇部門を受賞したアルフレッド・ウーリー戯曲である。映画化にあたり、ウーリーは本作品の脚本も担当した。

1989年12月15日に北米で限定公開され大ヒットを記録。アメリカ国内で約1億600万ドル、国外で約3900万ドルの興行収入を挙げた同年度のアカデミー賞では作品賞を含む9部門でノミネートされ、そのうち作品賞、主演女優賞脚色賞メイクアップ賞の4部門で受賞した。特に映画で老齢の未亡人を演じたジェシカ・タンディの演技は高く評価された。タンディは80歳でアカデミー主演女優賞を獲得したが、彼女の年齢は同賞における最高齢での受賞である。

本作品は『つばさ』、『グランド・ホテル』、『アルゴ』、『グリーンブック』『コーダ あいのうた』と並んでアカデミー作品賞を受賞しながら監督賞にノミネートされなかった六作品のうちの一つでもある。

ドライビング Miss デイジー - Wikipedia

 

ドライビング Miss デイジー: 人生はスラップスティック

 

最初はミス・デイジーが息子が雇った黒人運転手であるホークの事を嫌ってるんだけど、様々な出来事を通して徐々に友情を深めていくといったストーリー。

 

この作品も黒人差別やユダヤ人差別がテーマの一つになっているようです。

【あらすじ】

1948年ジョージア州アトランタ。元教師ユダヤ系老婦人デイジー・ワサンは買い物に出かけようと愛用のキャデラックに乗り込むが、運転を誤り隣家の垣根に突っ込んでしまう。それを見かねた息子のブーリーは彼女に対して運転手を雇うように薦めるが、デイジー聞く耳を持たない。そんなデイジーの元に初老の黒人男性、ホーク・コバーンが運転手として雇われてきた。

初めは意固地にホークを拒絶していたデイジーだったが、根負けしてついにホークが運転する車に乗り込む。彼女がホークを嫌がっていたのは、自分が嫌味な成金であると周囲に思われるのを危惧していたからだった。しかしホークの真面目な仕事振りと正直な人柄に感銘を受けたデイジーは、やがて何処へ行くにもホークの運転する車に乗ることになる。

ドライビング Miss デイジー - Wikipedia

 

ドライビング Miss デイジー:作品情報|シネマトゥデイ

 

デイジーがホークの事を嫌ってたのは、自分が成金だと思われるのが嫌という事もあったようです。

ホークが缶詰を盗んだみたいな疑いまでかけてましたからね。

しかし、正直で誠実なホークの事を徐々にわかっていき、アデラが亡くなった後は、かなり信頼して家の事まで任せるようになる。

 

映画 ドライビングミスデイジー ネタバレ感想 気付けない差別 | 人生半降りブログ

 

字が読めないホークに、昔、教師をしていたデイジーは読み書きを覚えるための本をプレゼントする。

ミス・デイジーもツンケンしているけど、ホークの事を少し気の毒に思っていたのでしょうね。

 

ドライビング Miss デイジー: 人生はスラップスティック

 

やがて、認知症を発症して錯乱しているデイジーを発見したホークは優しく窘めるのであった。

 

老人ホームに入ったデイジーを、息子であるブーリーとホークは感謝祭の日に訪れる。

デイジーの調子のいい日で、昔のようにホークとウィットに富んだ軽妙なやり取りをするのであった。

 

 

■主なキャスト

デイジー・ワサン(ジェシカ・タンディ

ドライビングMissデイジー」いずれは皆同じように | 映画キロク

 

ホーク・コバーン(モーガン・フリーマン

ドライビング Miss デイジー||洋画専門チャンネル ザ・シネマ

 

ブーリー・ワサン(ダン・エイクロイド

映画『ドライビング・ミス・デイジー』アメリカのノスタルジー/詳しいストーリー・あらすじ: レビュー・アン・ローズ

 

アデラ(エスター・ローレ)

映画【ドライビング Miss デイジー】あらすじと感想。高齢者の運転は危険やで│天衣無縫に映画をつづる

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com