世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

山田洋次監督作品 傑作選 「男はつらいよ ぼくの伯父さん」

男はつらいよ ぼくの伯父さん】

男はつらいよ ぼくの伯父さん(おとこはつらいよ ぼくのおじさん)は、1989年12月27日に公開された日本映画。『男はつらいよ』シリーズの42作目。上映時間は109分。観客動員は190万人配給収入は14億1000万円。同時上映は『釣りバカ日誌2』。

男はつらいよ ぼくの伯父さん - Wikipedia

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん | 映画 | GYAO!ストア

 

1989年公開の「男はつらいよ」シリーズ第42作。

シリーズの転換点となった最初の作品である。

 

 

【概要】

本作から、寅次郎は甥の満男の恋をコーチする役に回っている。背景には、渥美清の体調不良で派手な演技ができなくなったことがあり、撮影時に61歳になった歳で振られ役を続けていくのも脚本上酷であるという判断もあった。そのため山田洋次は、年に2本作っていたシリーズを次作から年1本にし、また満男の登場シーンを増やし寅次郎の出番を最小限に減らす工夫をすることで、渥美の負担を減らしながら、『男はつらいよ』を続けていくことになった。そのため、当初は予定されていなかった及川泉を登場させることにもなった。以降、この形式(寅次郎・満男のそれぞれにマドンナが配置される形式)は、最終作『寅次郎紅の花』まで続く。

男はつらいよ ぼくの伯父さん - Wikipedia

 

Amazon | 男はつらいよ・ぼくの伯父さん [DVD] | 映画

 

主演の「渥美清」が徐々に体調が思わしくなくなってきており、この作品以降は甥である吉岡秀隆演じる「満男」が主役のようになり、寅さんは恋のコーチ役をするというような流れとなっていきます。

 

満男が恋焦がれるマドンナ役には、当時、美少女と騒がれていた、ある意味”ベタ”な「後藤久美子」が選ばれているのですが、青春映画のヒロインとして実に見事にハマっており、瑞々しく清廉な姿が印象的で、現在でも美しい一コマとしてスクリーンに焼き付いています。

【あらすじ】

寅次郎が久々に柴又に帰ると、浪人中だが、勉強とは違った人生の悩みを抱える甥の満男(吉岡秀隆)の姿があった。さくらから満男の相談に乗って欲しいと頼まれた寅次郎は、早速近所の飲み屋に一緒に出かける。そして、満男から勉強が身につかない原因が恋であると聞き、人生について語りつつ、満男にしこたま酒を飲ませる。帰宅後、未成年にもかかわらず酒を飲ませた事に激怒する博と大喧嘩した寅次郎は、翌日旅に出てしまう。

一方、満男もさくら達と大喧嘩し、家出してしまう。満男は、高校時代の初恋の相手・泉(後藤久美子)が両親の別居後引っ越した名古屋までオートバイで行くために、アルバイトまでしてあらかじめ準備していたのだ。

男はつらいよ ぼくの伯父さん - Wikipedia

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年 ~ 名古屋から佐賀へ | markdad project~50sからの愉しみ方

 

最近、悩みを抱えているような様子の満男を心配していた博とさくら夫婦は、伯父である寅さんに話を聞いてやってほしいと頼む。

 

酒の飲み方から教えてやる寅さんであったが、満男の悩みが恋愛だと知り、俄然張り切るのであった。

 

しかし、未成年である満男にしこたま酒を飲ませ、ベロベロになって帰ってきたため、両親の博とさくらは激怒してしまう。

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年 ~ 名古屋から佐賀へ | markdad project~50sからの愉しみ方

 

大喧嘩した翌日、いつものように寅さんはまた旅に出てしまい、満男も両親と喧嘩し、恋している泉を追ってバイクで九州まで行くのだった。

 

突然現れた先輩である満男の姿に驚く泉。

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん(その2) - アブソリュート・エゴ・レビュー

 

偶然、商売で佐賀に来ていた寅さんと再会し、安堵する満男。

 

泉も両親の事で悩みを抱いており、母と暮らしていた名古屋を離れ、佐賀の叔母の家に世話になっているという事情を知る満男なのであった。

 

寅さんと満男は泉の叔母の家に行き、そこで叔母の義父に気に入られてしまい、いつも通りシッチャカメッチャカに、、、?

 

叔母の夫である尾藤イサオ演じる「嘉一」が堅苦しい人物で、満男にも嫌味を言い、寅さんにも注意するが、寅さんは「私は甥の満男は間違ったことをしてないと思います。慣れない土地へ来て、寂しい思いをしているお嬢さんを慰めようと、両親にも内緒ではるばるオートバイでやってきた満男を、私はむしろよくやったと褒めてやりたいと思います」と、静かに言い返すのであった。

 

あの台詞は感動的な名シーンでしたね。

 

 

■主なキャスト

車寅次郎(渥美清

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」 渥美清&山田洋次 - 映画とライフデザイン

 

諏訪さくら(倍賞千恵子

 

諏訪満男(吉岡秀隆

 

諏訪博(前田吟

映画『男はつらいよ』公式アカウント on Twitter: "🎂本日2/21は博役 #前田吟 さんの誕生日🎉  本日はさくらの夫、そして満男の父である #諏訪博 役、前田吟さんのお誕生日です✨ 第1作では感動の結婚式を迎えたさくらと博👰🤵  満男が生まれてからは、その成長を見守る父 ...

 

及川泉(後藤久美子

markdad Twitterren: "#ツインテールの日 『男はつらいよ ぼくの伯父さん』(1989) 及川 泉役の【後藤 久美子】さん  ☆満男の永遠のマドンナ☝昭和の名残…ツインテールが眩しい❗ https://t.co/qglrDuNhVU" / Twitter

 

及川礼子(夏木マリ

夏木マリ|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト

 

奥村寿子(壇ふみ

男はつらいよ(42)ぼくの伯父さん - たふえいんといなあふ 不思議な魔法の言葉

 

奥村嘉一(尾藤イサオ

男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年 ~ 名古屋から佐賀へ | markdad project~50sからの愉しみ方

 

 

第42作 「ぼくの伯父さん」 ダイジェスト版

 

男はつらいよシリーズ」 第42作 「男はつらいよ ぼくの伯父さん」 檀ふみ、後藤久美子が出演! | 人生・嵐も晴れもあり!

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年 ~ 名古屋から佐賀へ | markdad project~50sからの愉しみ方

 

男はつらいよ ぼくの伯父さん』1989年 ~ 名古屋から佐賀へ | markdad project~50sからの愉しみ方

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com