世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

しばらく”なかった事”にされていた!? 江口寿史著「ひのまる劇場」

【ひのまる劇場】

ひのまる劇場』(ひのまるげきじょう)は、江口寿史によるギャグ漫画

ひのまる劇場 - Wikipedia

 

ひのまる劇場 江口寿史 | いつでもちゃらんぽらぬ

 

週刊少年ジャンプ」で1981年6号から29号まで連載された作品。

江口寿史氏の中では短命に終わったギャグ漫画である。

 

 

【概要】

読切作品「名探偵はいつもスランプ」(後述)を元に『週刊少年ジャンプ』(集英社)誌上において1981年(昭和56年)6号より29号まで連載。「すすめ!!パイレーツ」の次となる、江口2作目の連載作品である。単行本はジャンプ・コミックスより全2巻。1995年には一冊にまとめられた復刻版がA5版でイースト・プレスより発売されている。また2006年には『江口寿史 JUMP WORKS』の4巻としてCD-ROMの付録などを付けた総集編が発売されている。

前作『パイレーツ』のヒットから人気を取らなければならない立場となった江口が、連載2作目という事で何か新しい事をしようとするも上手く行かずに人気が出ず、読者アンケートで10位前後と微妙な位置を推移。結局、江口本人が嫌になりわずか半年で終了。『パイレーツ』と『ストップ!! ひばりくん!』というヒット作に挟まれ、長い間作者から「なかった事」にされてしまった不遇の作品である。

こうした経緯で終了したため単行本化の際にはページが足りず、読切作品「プロレス風雲録」と音楽雑誌『JAM』に掲載されたレコード評、作者の近況・生い立ちなどをまとめた『江口寿史ドッキリレポート』を収録する事で何とか2冊にまとめている。

なお、「「エイジ」」に続いて『フレッシュジャンプ』で連載されながらも、わずか2回の連載で投げ出された連載作品「ラブ & ピース」は完全に同一世界であり、本作の主要キャラクターが再登場している。

江口作品の中で掲載後ではなく、掲載時に『最終回』と紹介された数少ない作品でもある。

ひのまる劇場 - Wikipedia

 

集英社 1981年(昭和56年)の漫画雑誌 週刊少年ジャンプ 1981年(昭和56年)09 8109 | まんだらけ Mandarake

 

元々は「名探偵はいつもスランプ」という読み切り作品からの流れで始まった作品のようです。

「すすめ!!パイレーツ」と「ストップ!!ひばりくん!」の間に連載された作品で、パイレーツという大ヒット作の次ということで、少しプレッシャーみたいなものもあったのではないでしょうか?

なかなか人気が出ず、アンケートではいつも10位前後だったとのこと。

アンケート至上主義のジャンプにあって、これではまずいでしょうね(苦笑)

作者本人も嫌になってしまい、自ら終了させたみたいです?

【あらすじ】

探偵事務所を開いた主人公白智と光国が様々な事件を解決して行くはずが、いつの間にか主人公の座を刑務所帰りの小学生すし丸に乗っ取られ、舞台はすし丸の小学校生活が中心となってしまう。

ひのまる劇場 - Wikipedia

 

1981年から連載開始した「ストップ!! ひばりくん!」で目覚めた江口寿史!美少女を描くにかけて彼の右に出るものはない!! (page 2) -  Middle Edge(ミドルエッジ)

 

なんか、「実験的ギャグ漫画」みたいな感じですもんね。

シュールなドタバタ作品って感じ?

今、見返してみると、やっぱり”迷走感”みたいなものが感じられて、設定とかストーリーとかどんどん収拾がつかなくなっていった感じだもんね。

江口寿史らしく、絵もキャラクターも魅力的で面白い事は面白いと思うのですが、、、

 

ひのまる劇場 1981年 ジャンプ打ち切り漫画紹介3 - 津尾尋華のジャンプ打ち切り漫画紹介

 

最初は「白智小五郎」が主役だった筈なのに、いつの間にか「すし丸」が中心の物語になったりして(笑)

江口作品の中では、明確な「最終回」となっているのは珍しいパターンらしいです。

 

 

■主な登場人物

白智小五郎

ひのまる劇場 江口寿史 | いつでもちゃらんぽらぬ

初期の主人公で、眼鏡をかけ口を蓄えパイプを銜えている。喫茶MiYakoと同じ建物の地階で、所長として白智探偵事務所を営む。探偵の他に100に余る職業を持っているがどれも3流。国際馬鹿(うましか)事務局認定のフールマークがついている。すし丸の登場以降は実質的に主役の座を奪われ「めだたない(元)主人公」としての登場のみになる。

 

戸田光国

世界結束舞廳=神曲 ジャンプ打ち切り漫画その39 ひのまる劇場

白智をアニキと慕う好青年で、探偵事務所の助手。世間を騒している怪盗マウスキッドの正体。すし丸登場後の扱いは白智と同じ。

 

月子

世界結束舞廳=神曲 ジャンプ打ち切り漫画その39 ひのまる劇場

面白そうと言う理由で探偵事務所に紛れ込み、お茶汲みとして居着く。

 

鈴木文江

世界結束舞廳=神曲 ジャンプ打ち切り漫画その39 ひのまる劇場

白智探偵事務所の真上で喫茶店「喫茶MiYako」を営む30代の美人女性。いつも和装で淑やかな雰囲気を漂わせているが、結構茶目っ気がある。時折刑務所の中を体験して来たかの様な発言をする。すし丸を溺愛。モデルはちばあきお夫人。

 

鈴木都

世界結束舞廳=神曲 ジャンプ打ち切り漫画その39 ひのまる劇場

文江の娘で15歳の高校生。学校外の時間はよく店を手伝っている。非常識な面々が多い鈴木家において一番の常識派。

 

鈴木すし丸

ひのまる劇場 江口寿史 | いつでもちゃらんぽらぬ

文江の息子で都の弟。いつも黒いスーツとサングラスを身にまとい、8歳の小学3年生ながらタバコを吸う。網走こども刑務所より出所して来て登場。ハゲの大番長を破り、地域の小学校の番長グループの大親分となる。当時の作者の自画像にそっくり。

 

鈴木米丸

文江の夫で、都とすし丸の父親。眉が太く角刈り。網走刑務所に服役していたが10年振り出所し、作品終盤に登場。すし丸は一度刑務所を脱走した時にできた子供。婿養子。

 

 

ひのまる劇場』と『ストップ!! ひばりくん』|砂漠の九官鳥

 

 

ひのまる劇場』と『ストップ!! ひばりくん』|砂漠の九官鳥

 

まめおやじ on Twitter: "江口寿史のひのまる劇場の喫茶MIYAKOみたいな喫茶店をやって、文江さんみたいなママになりたいとずっと思っている  https://t.co/baDKPYWuNx" / Twitter

 

まめおやじ on Twitter: "江口寿史のひのまる劇場の喫茶MIYAKOみたいな喫茶店をやって、文江さんみたいなママになりたいとずっと思っている  https://t.co/baDKPYWuNx" / Twitter

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com