世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

元広島カープの大出世と言えば!?

そう!あのメジャーリーグで大活躍した「アルフォンソ・ソリアーノ」って、広島カープにいたのである。

広島カープは、ドミニカ共和国に「カープ・アカデミー」という若いドミニカンを育成する組織を持っていたのである。

それにしても、あそこまでの大物に成長するとは、誰が予想できただろうか?

 

広島カープ】カープ歴代最強の助っ人はソリアーノ? : 広島カープブログ

 

元々、やはり広島カープは先見の明があって、潜在能力の高い磨けば光る原石を発掘するというメジャーで言えば、ルーキーリーグや1Aリーグのような下部組織を持っていたといったところだろうか。

身体能力は高いけど、最初は箸にも棒にもかからないといった選手が多く、球は速いけど全くコントロールのないピッチャーや、変化球の投げられないピッチャー、スイングは速いけど、全くボールに当たらないバッターや、足が速いだけ、肩が強いだけのバッターなどゴロゴロしていたらしい。

 

 

アルフォンソ・ソリアーノ」もそういった中の一人だったらしい。

それでも、その中からカープと選手契約してもらえるだけ、やはり能力は高かったということだろう。

ソリアーノがそういう下積み時代で2軍にいた頃の姿を見た事がある。

自分は岐阜県出身で、その頃も岐阜県に住んでいたのだが、中日対広島の2軍の試合が関市の中池球場というところで開催されるということで見に行った事がある。

 

広島カープ】ソリアーノが名球会入りできるという事実 : 広島カープブログ


その頃は背番号も「74」という大きな番号を付けていて、試合中にボールボーイのような下働きをしていたような記憶がある。(記憶違いかもしれないけど)

いずれにしても、2軍でもまだ戦力という感じではなく、目立たないどこの馬の骨とも知れないような、すぐにいなくなりそうな雰囲気の外国人選手だったと思う。

顔は失礼ながら、長い顔でロバみたいだった。(事実、あだ名も「ロバ」だったとのこと)

あの頃、サインでも貰っておけば、今、すごいプレミアがついたかもしれないと思うと残念である。こんな大スターになるとは思いも寄らなかったのだが。

 

元広島助っ人ソリアーノ、現役時代を凌ぐマッチョボディに ジム仲間は… | Full-Count


その後、広島カープと年俸で揉めて、自由契約になり「ニューヨーク・ヤンキース」と契約して大選手への階段を着実に昇っていったのは周知の通りである。


ニューヨーク・ヤンキース」もよくこんな日本球界でも大した結果を残せなかった選手を取ったものだと感心させられる。やはり、何か光る物があって、スカウティングが素晴らしかったのだろう。

ソリアーノ獲得に対して、広島カープに譲渡金として310万ドルも払ったというのだから、すごい!為替レートが1ドル110円としても、3億4千万円ほどになる。青田買いにしては破格であろう。

 

 

その後、守備はあまり上手くなかったが、積極的なバッティングと走塁でトリプルスリーや40本塁打40盗塁を達成するなど、長打と足を兼ね備えた選手として2000本安打・400本塁打を記録したのだから、十分、元が取れて大成功の獲得例だろう。

カープ・アカデミー」からは、その他では「ロビンソン・チェコ」や「ティモ・ぺレス」など、メジャーでもそこそこやれた選手もいたが、やはり「アルフォンソ・ソリアーノ」の活躍は傑出していると思うのである。

まさしく”アメリカン・ドリーム”と呼ぶにふさわしい選手であった。

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com