世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

笑える懐かしのハチャメチャ刑事ドラマ!!「噂の刑事トミーとマツ」

昔、見てました!!

「噂の刑事 トミーとマツ」!!

そんなくだらないドラマ見るんじゃない!って親に叱られながら(笑)

そう言えば、ちょっとエッチなシーンもあったような記憶が??

松崎しげるが「とみこー!!」って叫ぶと国広冨之が豹変して強くなるっていう、、、

子供にも受ける面白さがあったように思います。

 

噂の刑事トミーとマツ

噂の刑事トミーとマツ』(うわさのけいじトミーとマツ)は、1979年から1982年の水曜日20:00 ‐20:54(JST、1982年9月までは20:00 ‐20:55)にTBSほかで放送されていたテレビドラマ

噂の刑事トミーとマツ - Wikipedia

 

噂の刑事トミーとマツ|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

 

1979~1982年にTBS系列で放映されてたんですね。

第2シリーズまであったようです。

 

 

【概要】

外見も性格も対照的な2人の刑事、警視庁富士見署捜査課の岡野富夫(トミー)と松山進(マツ)の名コンビ(劇中では「トミマツ」、失敗時には「オソマツ」「ドジドジコンビ」と呼ばれている)が時には衝突し時には協力しながら事件を解決まで導いていく。

毎回クライマックスの格闘・銃撃戦シーンで怖じ気づくトミーにマツがしびれを切らし、「お前なんか男じゃない、おとこおんなで十分だ! おとこおんなのトミコ!」と怒鳴りつけると、トミーがその言葉に発奮して一瞬にして悪党をなぎ倒すと言う展開が定番となっていた。また当時の刑事ドラマとしては珍しく捜査員の殉職シーンが無く(出演者の降板は異動や退職という設定)、全体的に明るい作風となっている。

企画当初の番組名は「噂の刑事」だけだったが、松崎しげるの意見を脚本家が取り入れて現在のタイトルに変更された。なお、国広富之と松崎の主演の二人はそれまで面識が無く、松崎は「互いに腹に一物あった」ということから第2話くらいまでは演技がぎこちなく、演技ががっちり噛み合うようになったのはその後だったと話している

当時日本の刑事ドラマでは『太陽にほえろ!』(日本テレビ)や『特捜最前線』(テレビ朝日)に代表される、捜査員や犯人の人間模様を描く群像劇が主流となっていた。一方、当時の海外ドラマでは若い捜査員がコンビを組むバディ作品が多く作られており、製作局となったTBSでも『刑事スタスキー&ハッチ』が放送され高い人気を得ていた。本作は『スタスキー&ハッチ』を元に作られた国内刑事ドラマにおける「バディもの刑事ドラマ」の元祖であり、「和製スタ・ハチ」とも言われていた

噂の刑事トミーとマツ - Wikipedia

 

噂の刑事トミーとマツ』#05 - ハリソン君の素晴らしいブログZ

 

この頃、やたらと「刑事ドラマ」が多かった気がしますが、シリアスなドラマじゃなくてコメディタッチの刑事ドラマだったのが特徴的。

マツが「男女のトミコー!!」って叫ぶと、トミーが変身したかのようにメチャクチャ強くなる。

鼻がピクピクしたり、耳がピクピクして強くなるんじゃなかったっけ?

松崎しげる国広富之って最初は何か意識し合っててぎこちなかったらしいけど、徐々に息が合ってくるようになったという。

タイトルも最初は「噂の刑事」だけだったけど、松崎しげるの意見で「噂の刑事トミーとマツ」に変更されたとのこと。

【視聴率はどうだった?】

第1シリーズの視聴率は平均17%(ビデオリサーチ、関東地方)を記録し人気番組となったが、国広と松崎のスケジュール調整が困難になってきたことで一旦1981年3月限りでの終了を決めた。この時シリーズの終了に納得がいかないという旨や、続けて欲しいという内容の投書や電話が殺到したという。そして、9か月の休止期間の後に第2シリーズが制作された。

噂の刑事トミーとマツ - Wikipedia

 

松崎しげる 画像 最新情報まとめ|みんなの評判・評価が見れる、ナウティスモーション(2ページ目)

 

平均視聴率は17%あったとのことで、やはり人気があったんですね!

1981年3月に一応、終了したものの、続けてほしいとの電話や投書が殺到したという。

オバケのQ太郎」と同じパターンですね(笑)

9か月後に第2シリーズが制作されたとのこと。

トミー役の国広富之の人気も貢献したと思いますが、マツ役の松崎しげるの破天荒ぶりも面白くて、いいコンビだったと思います。

 

 

噂の刑事トミーとマツ

 

噂の刑事 トミーとマツ | ドラマの動画・DVD - TSUTAYA/ツタヤ

 

番外:“噂の刑事トミーとマツ”

 

ドラマ 噂の刑事トミーとマツ。 | まったり行くよ〜

 

噂の刑事トミーとマツの富広国之 現在も活動されていますか?

 

きょうの松崎しげる】 「噂の刑事トミーとマツ」第2シーズン 4話|oni_mamushiの投稿画像 (1542638) | 刑事, 松崎しげる, 懐古

 

☆懐かしいTVドラマシリーズの巻!!☆(噂の刑事とトミーとマツ編)☆ | ☆月光のあれこれ日記☆

 

レトロ系 on Twitter: "噂の刑事トミーとマツ 1979年から放送されたアクションコメディドラマ。  ○http://t.co/mETdJpCU7m ○http://t.co/NtyK5jT5Rr http://t.co/GZy76dxUAu" /  Twitter

 

噂の刑事トミーとマツ』#01―1 - ハリソン君の素晴らしいブログZ

 

トミコ~!」で変身!「噂の刑事トミーとマツ」 (page 2) - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

■キャスト

岡野富夫(国広富之

トミーとマツ OP 岡野富夫(トミー/国広富之)と松山進(マツ/松崎しげる) - YouTube

通称は「トミー」。巡査。富士見署に配属された新米刑事で、優秀な捜査課長だった父の血筋は受け継がれておらず、血を見るだけで卒倒、が怖い、高い所が怖いが怖い、拳銃を持つのが怖いという気弱なダメ刑事であるが、強い正義感を持ち誰に対しても心優しく接する。マツからは日常的に何かと先輩風を吹かされ、容疑者確保現場では気の弱さが災いし腰を抜かしてしまうため、確保の実戦ではマツを頼るばかりであるが、そんな富夫もマツから「お前なんか男じゃねぇ、男女(おとこおんな)のトミコ!」と罵倒されると人格が強靭な男に変わる。

 

松山進(松崎しげる

トミコ~!」で変身!「噂の刑事トミーとマツ」 (page 2) - Middle Edge(ミドルエッジ)

通称は「マツ」。巡査。ガニ股で背が低く、常時シークレットブーツを愛用する通称「世界一踵の高い靴の男」。第2シーズンOP映像内でもシークレットブーツの踵が折れ、その高さをトミーにからかわれるシーンが描かれている。性格はガサツで、せっかち、おっちょこちょいで声が大きく騒々しいと悪い部分が目立つが、時に情に厚く涙もろい場合もある。

 

高村刑事部長(井川比佐志)

噂の刑事トミーとマツ』#01―1 - ハリソン君の素晴らしいブログZ

通称おやっさん。地道な捜査を得意している。巡査部長。時折口調が江戸弁になることがある。捜査では現場のリーダーとして捜査課の面々に的確な指示を出す。

 

片桐警部補(清水省吾)

濱田研吾 on Twitter: "『噂の刑事トミーとマツ』は当然ながらトミー(国広富之)とマツ(松崎しげる)の存在あってこそだが、見れば見るほど 清水章吾のキザギリ課長代理の魅力が迫ってくる(ニンニク臭いキザギリに悶絶する林隆三の捜査課長)。花柳章太郎の弟子(章太郎で ...

課長補佐。キザであることから通称キザギリ。肩書きの通り御崎の腰巾着のような存在で刑事たちを小馬鹿にし、相模から怒鳴られる余り、隙あらばマツ達と共謀して蹴落とそうと企む。部下をアゴで使って自ら体を張る事を嫌がる、異常に臆病でヤクザへのガサ入れの度に機動隊の支援を要請し、ロッカーには機動隊のヘルメットが入っている。他には海外留学の経験があり所々英語を挟む今で言うルー語のような話し方をする、

 

相模五郎警視正石立鉄男

トミコ~!」で変身!「噂の刑事トミーとマツ」 - Middle Edge(ミドルエッジ)

警視庁本庁刑事部管理官。捜査課の目付役で、本来は管内各署を巡察する。刑事だった亡きマツの父親を尊敬しており、その縁から家族のいないマツの身元保証人でもある。それ故マツに対しては常に激昂しつつも内心では心配している。序盤は登場しない回もある。「御崎ーッ!、御崎は居るかーッ!」と捜査課事務室に怒鳴り込んでくるのが定番。

 

御崎徹警部(林隆三

孤独のディアマンテ в Twitter: "林隆三さん演じる御崎捜査課長 カッコいいなぁ~✨✨ #噂の刑事トミーとマツ  https://t.co/WJOmiDsbQo" / Twitter

“鉄血課長”の異名をとる富士見署の捜査課長。課長室に陣取り、咥え煙草でしゃべったり住宅広告を見ながらその価格(値段)を呟く場面が多々ある。(上司である)相模とは警察学校での同期。表面上は「上司と部下」の関係で接するが、二人きりになるとお互い「気の置けない、同期の親友」として接している。トミーの「変身」に関しては「『トミコ』と呼ばれなくとも、その格闘能力を発揮できるよう周囲も我慢・配慮すべし」との考えで、(弟のだらしなさから)「トミコ」と叫ぼうとした幸子を制止したこともある。

 

森村万里子巡査→巡査部長(石井めぐみ

懐かしドラマ】噂の刑事 トミーとマツ(1) : ヒロインアクションの復権を!

(石井は)第1シリーズ21話から出演。交通課所属、自己中心、自分の都合最優先な性格で自称「幸子の一番弟子」を名乗っている。登場以降ヒロイン、マドンナ役となり作品がバディ物からトリオの刑事物へと変わっていく。トミーのことが好き過ぎるために公道上での勤務中でも彼を姿を見つけると、犯人追跡中のトミーに抱きついて結果的に犯人逃亡の原因となったり、マツからは「チビ」「マリッペ」「大根足」と呼ばれているが実は好きである事を素直に言えないケンカ友達(三すくみの三角関係である。)

 

 


ドラマ 噂の刑事トミーとマツ OP 後期 TV音源のみ

 


トミーとマツ OP 岡野富夫(トミー/国広富之)と松山進(マツ/松崎しげる

 


トミーとマツ】同期の桜 「御崎と相模」

 

 


噂の刑事 トミーとマツ OP&ED(season 1)

 


トミーとマツ】「トミー変身」シーンセレクション