世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

NHK少年ドラマシリーズ 「七瀬ふたたび」

NHK版「七瀬ふたたび」

NHK少年ドラマシリーズの一作品として、1979年8月6日から18日、18:00 - 18:29に放送された。全13話。初めて制作された七瀬シリーズの映像化作品である。1978年6月末から撮影が開始され、北海道ロケも交えて1978年内には撮影終了し、当初は1978年秋から19:30からの放映予定とされていたものの放映がなかなか決まらず、翌1979年8月まで持ち越された。これにより同じく多岐川裕美が七瀬を演じたRKB毎日放送制作のTBS『東芝日曜劇場』「芝生は緑」(「家族八景」のドラマ化)が1979年2月と放送では先んじることになった。原作者の筒井は多岐川が演じた七瀬を気に入り、『東芝日曜劇場』から『家族八景』ドラマ化の話があった際に推薦し、多岐川が続けて演じることになったという。

七瀬ふたたび - Wikipedia

 

若かりし頃の多岐川裕美主演ドラマ、SFの名作「七瀬ふたたび(NHK少年ドラマシリーズ)」 - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

放送当時は知らなかったんだけど、たまたまyoutubeを見ていたら出てきて、なかなか面白くて良かった。

筒井康隆にしては珍しく、シリアスな少年向けSFサスペンスといった感じのストーリー。次はどうなるんだろう?ってどんどん話に引き込まれます!

 

 

基本的に原作に準じた内容だが、原作では七瀬とは初対面以外顔を合わせなかった恒夫がたびたび彼女と一緒に行動していることと、5人の超能力者が先祖を同じにしている、という2点が大きな相違点。また七瀬を追う山村栄一というルポライターがオリジナルキャラクターとして設定された。第8話「家族」は家政婦として七瀬が働くという前作『家族八景』を彷彿とさせる石堂淑郎によるドラマオリジナルエピソードであり、第2話もドラマ版オリジナルである(「さとるの妖怪」についての言及は『~八景』の「水蜜桃」より)。この他、七瀬の父親に関するエピソードが『~八景』の「紅蓮菩薩」から使用されている。

七瀬ふたたび - Wikipedia

 

少年ドラマシリーズ「七瀬ふたたび」 | NHK放送史(動画・記事)

 

中学生ぐらいの頃、筒井康隆にハマってた時期があって、この「七瀬ふたたび」も冒頭のあの電車のシーンは読んだ記憶があったけど、スラップスティックじゃないストーリーだったから途中で読むのをやめちゃったんだよね。

改めて、ドラマとして全編を見たけど、様々な超能力を持った者たちが運命に翻弄されながら仲間として集ってきて、それぞれの能力を発揮して困難を乗り越えていくのが、よく出来たサイエンス・フィクションとして面白い。

 

ドラマ少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』(1979年)拝見 | 時は止まる君は美しい

 

テレパスの七瀬とノリオ、予知能力を持つ恒夫、七瀬を上位自我として崇める念力の使い手ヘンリー、タイムトラベラーの藤子と5人の超能力者の内面の苦悩を深く掘り下げているのでドラマとしても重厚である。

 

■評価

本作は「少年ドラマシリーズ」末期の傑作として熱烈に支持された。ヒロイン・火田七瀬を演じた多岐川裕美は、お嬢さん風の雰囲気に、時どきクールな憂いと妖艶さがあり、稀代の当たり役となった。多岐川はSFとの相性の良さを買われて1980年小松左京原作による角川映画のSF大作『復活の日#映画』のヒロインに起用された。また、石堂淑朗脚本は、七瀬と彼女を慕うエスパーの一行の逃避行の中から、少数民族への抑圧の哀しみをエッセンスとして抽出して評価される

七瀬ふたたび - Wikipedia

 

若かりし頃の多岐川裕美主演ドラマ、SFの名作「七瀬ふたたび(NHK少年ドラマシリーズ)」 - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

「多岐川裕美」のクールで妖艶な雰囲気が魅力的で”当たり役”と言われるのも頷ける。

人類を超越した能力を持って生まれてしまった哀しみや、差別、偏見に立ち向かいながらも誇り高く生きる者たち。

少数民族としての抑圧に抗いながら、儚くも切ないラストへと向かっていくのである。

 

■主題歌「風信子どこへ」

www.youtube.com

 

ED曲として流れる、深野義和の「風信子どこへ」も名曲です!!

 

■キャスト

火田七瀬 (多岐川裕美)

ドラマ少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』(1979年)拝見 | 時は止まる君は美しい

人の心を読む力を持つ超能力者(テレパス)の美貌の女性。1話目では20歳になったばかり。前作での家政婦の仕事は完全に辞めている。母の実家へ向かう列車の中で、恒夫、ノリオと出会う。アパートでノリオと暮らしながら高級バーを転々としながら1年間のホステス生活で黒人バーテンダーのヘンリーと知り合う、水商売で貯めた金で北海道に土地と家を購入、3人で生活を始める。気苦労の多いホステスを辞めて、超能力を使ってカジノで生活費を稼いだことから超能力者抹殺集団にその存在を知られてしまう。

 

ノリオ (新垣嘉啓)

七瀬ふたたび① | 空中アトリエのブログ

七瀬と同様に人の心を読む力を持つ少年。1話では3歳、最終話では5歳。4歳のときに10歳程度の知能を持つ頭のいい少年。母親を幼少時に亡くし、継母が面倒を見ていたが、気味悪がられて可愛がってもらえない。七瀬と出会った列車が転覆事故を起こすのがきっかけで七瀬に引き取られ、以後共同生活することになる。

 

岩淵恒夫 (堀内正美

堀内正美の嫁や息子が気になる!現在と若い頃のイケメン画像! | マグせんべい

未来を予知する能力を持つイラストレーターの青年。最終話では24歳。長身で顔は面長。目が大きくやや道化た印象がある。七瀬に好意を寄せており、電話で危機を警告したり身を守るよう拳銃を渡す。初対面時に七瀬に抱いた空想を読まれたことを恥じており、七瀬に近寄ることが出来ず、以後直接顔を合わせることは二度となかった。

 

漁藤子 (村地弘美)

芸能.テレビ.映画」おしゃれまとめの人気アイデア|Pinterest|ハギやん! | 志穂美悦子, 女優, アイドル

時間を移動できる能力を持つ女性。大柄でやや肥満しているが、色白でフランス映画の女優のような美人。ノリオが4歳のときに17歳の女子高生だったが、実際には時間遡行を重ねたためそれに加えて数年を生きている。実父を亡くして、北海道で牧場経営をする叔父に引き取られるため北海道へ行くフェリー上で七瀬たちと出会う。

 

ヘンリー (アレクサンダー・イーズリー)*写真左

七瀬ふたたび ふたたび | ガンダムヲタ・正健の・・社員税理士日記 - 楽天ブログ

念力を使うことのできる2メートル近いハンサムな黒人の青年。七瀬がホステスとして働いている高級バーでバーテンダーをしていた。その念力は車を持ち上げることすら出来るが、強力な念力を使った後は激しく衰弱する。自分の意志では念力を使うことが出来ず父親の命令で使っていた。父を亡くした後に、自分に命令できる上位自我を求めて来日。七瀬と出会って、七瀬の賛美者、崇拝者、召使いであることを自認し、七瀬の命令で念力を使う。

 

山村栄一 (高橋長英

高橋長英の出演時間

 

 

少年ドラマシリーズ「七瀬ふたたび」 第5話 航海 - YouTube

 

少年ドラマシリーズ「七瀬ふたたび」 | NHK放送史(動画・記事)

 

少年ドラマシリーズ「七瀬ふたたび」 | NHK放送史(動画・記事)

 

若かりし頃の多岐川裕美主演ドラマ、SFの名作「七瀬ふたたび(NHK少年ドラマシリーズ)」 - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

ドラマ少年ドラマシリーズ『七瀬ふたたび』(1979年)拝見 | 時は止まる君は美しい

 

七瀬ふたたび 1979 第1巻 VHS・多岐川裕美 ・村地弘美 ・高橋長英 の落札情報詳細| ヤフオク落札価格情報 オークフリー・スマートフォン版

 

 

第1話「出会い」

www.youtube.com

 

第2話「旅立ち」

www.youtube.com

 

第3話「大都会の空」

www.youtube.com

 

第4話「ダイヤモンド」

www.youtube.com

 

第5話「航海」

www.youtube.com

 

第6話「時をのぼる」

www.youtube.com

 

 

第7話「廃墟」

www.youtube.com

 

第8話「家族」

www.youtube.com

 

第9話「危機」

www.youtube.com

 

第10話「ある青春」

www.youtube.com

 

第11話「落日」

www.youtube.com

 

第12話「暗殺者たち」

www.youtube.com

 

最終回「森を走る」

www.youtube.com