世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

これを見たら”悪いこと”が起こりそう!? これが【不運の前兆】だ!!

迷信か?真実か?よく言われる「不運を知らせるサイン」をまとめてみました。

 

彼岸花は「縁起悪い」
出典 http://hanatebako.seesaa.net/article/227099624.html

基本的に”毒”があることや、「彼岸(死)」を連想させるという理由からだそうです。

 

f:id:mylifestory32:20210706154931j:plain

 

一升餅が割れた!縁起が悪い?
出典 一升餅が割れた!縁起が悪い? | 【送料無料】一升餅.com - 手書き名前入りの一升餅が大好評!月3000個出荷の実績有り、日本全国通販可能!アンパンマンリュックも有ります。

縁起物が”割れる”から、でしょうかね?逆に縁起がいいという説も、、、?

 

f:id:mylifestory32:20210706155013j:plain

 

 

北枕は縁起が悪い
出典 北枕は縁起が悪いといいますが、どういう根拠・出典があるのでし… - 人力検索はてな

亡くなった方を北枕で寝かせることから、縁起が悪いとされているようですね。ごはんに箸を突き刺すのも同じ意味だそうです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155055j:plain

 

爪切りを夜にするのは縁起悪い
出典 爪切りを夜にするのは縁起悪い?親の死に目や蛇の言い伝えについて

親の死に目に遭えないと言われていますが、本当の意味は自分の方が先に死ぬため、親の死に目に立ち合えないということが真相らしいです。「夜に爪」→「よづめ」→「世詰め」ということで、自分の寿命を縮めるということらしいです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155128j:plain

 

黒猫は縁起が悪い
出典 黒猫は縁起が悪い?それとも幸福のシンボル?A black cat is... - 人生のスパイスに ~1日1へえ~ | Facebook

その姿が”悪魔の化身”のように捉えられて、縁起が悪い象徴のように言われていますが、国によっては、逆に縁起がいいと言われているところもあるようです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155213j:plain

 

朝の蜘蛛は殺すな!夜の蜘蛛は殺せ
出典 朝の蜘蛛は殺すな!夜の蜘蛛は殺せ…このジンクスは正解?不正解?【不思議なチカラ】

やはり、朝の蜘蛛は縁起が良く、夜の蜘蛛は縁起が悪いようです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155253j:plain

 

「箸が折れると縁起が悪い」
出典 箸専門店 箸久(はしきゅう)

これは七代将軍足利義勝が家臣たちとの正月の祝宴の時に使った箸が折れ、数日後、将軍が馬に乗って出かけた際、馬が根っこに足を取られて、将軍は馬から落ち亡くなったことに由来しているそうです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155329j:plain

 

 

4と9は縁起が悪い
出典 4、9は本当に縁起が悪いのか? - ウォッチ | 教えて!goo

やはり、日本人特有の感性で、「4」は「死」を、「9」は「苦」を連想させるからでしょうね。

 

f:id:mylifestory32:20210706155419j:plain

 

13日の金曜日は不吉
出典 13日の金曜日はなぜ不吉なの? : ギズモード・ジャパン

元々、「13」と「金曜日」は別々に縁起が悪いとされていたようです。キリスト教から来ているという説が有力のようですが?

 

f:id:mylifestory32:20210706155515j:plain

 

赤い月は不吉の前兆
出典 赤い月は不吉の前兆か? | ロビンソンの天然生活 - 楽天ブログ

皆既月食のことのようですが、古来から”赤い月・黒い月”は不吉の前兆と言われているようです。

 

f:id:mylifestory32:20210706155555j:plain

 

靴紐が切れる。
出典 ベタな不吉の予兆の法則 - chakuwiki

大体が”切れる”ということ事態、不吉な感じ、、、

 

f:id:mylifestory32:20210706155654j:plain

 

 


縁起の悪い数字は実は666ではなかった!!

 


縁起に悪いとされる北枕はじつは体にとって有益だった

 

www.youtube.com

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com