世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

「一休さん」の真実

懐かしいアニメの「一休さん

1975~1982年まで7年間も放映されていたようですね。

中央児童福祉審議会推薦番組という”お墨付き”をもらっていたせいか、このアニメなら親が喜んで見せてくれたものです(笑)

本当の一休さんは、あんな可愛い人物じゃなく、もっと”生臭坊主”みたいな破天荒な人だったらしいけど。

最終回のあのシリアスな終わり方は、子供心にも強烈な印象が残っています。

大人になって見直してみても、なんかホッとするストーリーで面白い魅力に溢れてますね。

 

【ストーリー】

禅寺の安国寺(あんこくじ)を舞台に、一休がとんちを使って身の回りで起こるさまざまな問題や事件を解決していく。登場するキャラクターをユーモア豊かに描きつつも、南北朝の騒乱さめやらぬ混乱した時代背景を織り交ぜて展開する。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616152348j:plain

 

 

【当時の長寿番組だった】

1975年10月15日から1982年6月28日まで、NETテレビ(日本教育テレビ、本放送中の1977年よりテレビ朝日)系列で全296話が放送された。中央児童福祉審議会推薦番組。

制作は東映動画(現・東映アニメーション)。東映および東映アニメーションが製作してきたシリーズでない単体のアニメ作品としては、2007年に『ONE PIECE』に記録を塗り替えられるまで、長らく最長の話数を誇っていた。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616152504p:plain

 

【意外にも・・・?】

もともとは1クール(3ヶ月)の予定だったとされる。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616152548j:plain

 

 

【CM提供は?】

初期は日本船舶振興会(会長が笹川良一の時代。現:日本財団)の一社提供番組で、間のCMは山本直純作曲「火の用心のうた」がよくOAされていた。当初は水曜19:30からの放送だったが、半年後に月曜19:30に移動した。放送末期のスポンサーはハウス食品の一社提供となっていた。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616152744j:plain

 

あの「戸締り用心、火の用心♪」の歌が懐かしいですね!

 

【シリアスなお話も・・・】

なお、大半の期間は一休の事件解決の痛快さが売り物だが、初期については南北朝の動乱直後の問題の深さゆえに失敗する話や、伊予の局と会えずに悩む話(後の作品では一休に会って助言する話もある)など、痛快とは言い難い話もある。また、一休が武家同士の利己的な戦乱に蹂躙される庶民の姿に心を痛めたり、同じく将軍の命に忠実に従って出陣する新右衛門を複雑な表情で見送るなど、頓智咄の枠に収まらないシリアスな描写もみられる。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616153036p:plain

 

f:id:mylifestory32:20210616153109j:plain

 

 

アイキャッチ(CM行き)のうんちく】

アイキャッチでは寺の小坊主たちが口々に一休を呼び、一休が「はぁ~い。慌てない慌てない。一休み一休み・・・。」と答えフェードアウトしてCMとなる。

毎回話の終わりに、さよちゃんの呼びかけに応じた、一休さんによる「はぁ~い。面白かったぁ?じゃぁ~ねぇ~。」とのセリフがある。これは、虎や橋の話等、ユーモアのある笑い話系ではこの終わり方で、政治や人権、道徳に関するシビアな話、または感動系のときには「はぁ~い。どうだった?じゃぁ~ねぇ~。」に変わる。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616153153j:plain

 

【最高視聴率はなんと!?】

最高視聴率は1976年3月10日放送の27.2%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)、関西地区では最高視聴率42%を記録した。
出典 一休さん (テレビアニメ) - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210616153350j:plain

 

今では考えられないような数字を叩きだしていますね!!

 

 

【登場人物】

一休
本作品の主人公で実在の人物一休宗純をモデルとする。幼名は千菊丸(せんぎくまる)。安国寺では一番の後輩。正義感が強く心優しい、聡明な小坊主。苦手なものは蜘蛛、雷、露姫(やんちゃ姫)、どちて坊やなど。後小松天皇庶子であることがアニメでは少しだけ触れられている。

f:id:mylifestory32:20210616153449j:plain

 

さよちゃん
一休の友達。安国寺境内の裏手に祖父の吾作と一緒に暮らしている。両親とは死別しており、どちて坊やとの会話で、戦に巻き込まれて犠牲になった事が語られている。懐に母の形見の櫛を持っている。第8話まで、および第10話のエンディングのクレジット表示では「さえちゃん」と表示されていたが、第9話、および第11話から後は「さよちゃん」と表示される。

f:id:mylifestory32:20210616153524j:plain

 

秀念
安国寺最年長の兄弟子。兄貴風を吹かすものの、調子に乗りやすい面がある。桔梗屋の弥生に惚れている。初期は一休を小生意気と辛く当たることもあったが、弥生とのある一件を境に和解し、以降は良き兄貴分となる。

f:id:mylifestory32:20210616153740j:plain

 

その他の小坊主たち
哲斉:出家しているものの、将軍に敵対する南朝方の新田家ゆかりの人物。第7話で一時還俗し戦いの世界へ戻るが、第22話で再び寺へ戻ってくる。初めは生真面目で頑なな性格だったが、やがて皆と打ち解けていく。
陳念:安国寺の小坊主。 太っちょで食いしん坊。
黙念:背丈は一休くらいで、ちょっとおっちょこちょい。
哲梅:地味であまり目立たないが、そばかすが特徴。

f:id:mylifestory32:20210616153811j:plain

 

外観和尚(おしょうさま)
貧乏寺である安国寺の住職。小坊主達を厳しく時に温かく見守っている。将軍さまが一休をへこましたいがために度々難題を持ちかけてくるのを「義満公にも困ったものじゃ」とぼやく。一方で将軍さまや桔梗屋等の相談に乗ることもある。製作者の設定では「外観和尚」とされているが、史実の住職は像外集鑑で、これから一文字ずつ頂き字を変えたと見られる。史実の安国寺も室町幕府が後援している寺院であり貧乏寺ではない。

f:id:mylifestory32:20210616154506j:plain

 

吾作
さよの祖父。貧しい寺男。大根作りの名人である。

f:id:mylifestory32:20210616154537j:plain

 

蜷川新右衛門(しんえもんさん)
寺社奉行という幕府の高官で武芸の達人でもある。普段は将軍の命により、天皇落胤という出自を持つ一休の周辺を監視している。云わばお目付け役だが一休とは非常に仲がよく、平素から将軍のわがままに手を焼いているため一休に助けを請うこともしょっちゅうである。
モデルは実在の人物である蜷川親当(にながわ ちかまさ)。史実では一休宗純連歌の弟子であり、頓智の弟子ではない。また一休が壮年になってからの関係であり一休より歳若である。

f:id:mylifestory32:20210616154637j:plain

 

足利義満(将軍さま)
室町幕府の第三代将軍。劇中では「将軍さま」と呼ばれる。南朝側の母を持つ一休の行動を警戒している。と同時にいつかは賢い一休をへこましたいと思っており、しばしば呼び寄せては無理難題をふっかけるのだが、大抵一休のとんちに一杯食わされて地団駄を踏むはめになる。
実在の人物だが、史実の足利義満は、一休が生まれた時には既に将軍職を息子の足利義持(作中では義持はハイハイが終わったばかりの幼児)に譲り、出家しており、金閣寺も義満の隠居所である。

f:id:mylifestory32:20210616154719p:plain

 

桔梗屋利兵衛(ききょうやさん)
幕府御用達の商人。本職は米問屋らしいが、色々と手広く商売をやっている。豪商の常でお金に目が無く、度々阿漕な商売をして痛い目に遭う・一休にとんちでとっちめられるが、懲りない。一休に嫌がらせをする事もしょっちゅうだが、困り事は一休に泣きついて相談を持ちかける。根は悪い人ではなく、将軍にはもちろん、安国寺にも度々つけ届けをしており、案外信心深い。

f:id:mylifestory32:20210616154758j:plain

 

桔梗屋弥生(やよいさん)
桔梗屋利兵エの美人で我侭な一人娘。父の商いの手伝いをしている。一休への嫌がらせも自ら行うが、困り事は父親同様一休さんに泣きついて相談を持ちかける。一休に対しては、困らせたりへこませたりしてやろうという感情と同時に好意も持っており、ある種喧嘩友達のような関係。一休の兄弟子・秀念が、秘かに想いを寄せている。

f:id:mylifestory32:20210616154903p:plain

 

伊予の局(母上さま)
一休の母。俗名照子。日野中納言持明院基親の娘で天皇の女官。後小松天皇との間に生まれたのが一休。将軍に敵対していた南朝側・藤原氏日野家の出身であったため、将軍によって一休と引き離され小さな家に暮らしている。将軍は後にこれを恥じ、一休と住めるように大きな家を建てるが、一休はこれを断る。息子の身を日々案じ、修行を重ねて立派な僧になって欲しいと願っている。

f:id:mylifestory32:20210616154935j:plain

 

 


とんちをひり出す一休さん - YouTube

 


一休さん」のアイキャッチエンドカード - YouTube

 


一休さん Theme Song - YouTube

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com