世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

もう悩まないで!!「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」の克服法

多分、昔は”落ち着きのない子”として片付けられてきた「注意欠陥・多動性障害」

最近は大人にもこの症状で悩んでいる方がいらっしゃるようなので、その解決法をまとめてみました。

関係のある周りの方にも理解を深めておいてほしいと思います。

 

 

【注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは?】

不注意、多動性、衝動性という3 つの症状
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

注意欠陥・多動性障害(ちゅういけっかん・たどうせいしょうがい、英: attention deficit hyperactivity disorder、ADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である。ICD-10における多動性障害(英: hyperkinetic disorder)はほぼ同一の概念である。
出典 注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210612141554p:plain

 

 

ADHDって治るものなの?】

どれだけ治療で抑えようとしたところで、
脳の機能障害が完全に消えてなくなるわけではないため、
他の人(ADHDがない人)に比べれば、
注意力や集中力などの能力は劣ります。
出典 大人の注意欠陥/多動性障害(ADHD) 対策。治療するか適職に付くか。 - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

 

ADHDは脳の機能障害です。
基本的には治らないものとされていますが、
一方で「改善の余地はある」ともされています。
出典 大人の注意欠陥/多動性障害(ADHD) 対策。治療するか適職に付くか。 - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

 

f:id:mylifestory32:20210612142137j:plain

 

【どのように治療すればいい?】

もし、周囲にADHDが疑われる人がいても、すぐに本人に伝えると傷つけることにもなります。

ADHDを受け入れる対処法の1つが、先ずは、自分のできていないところも受け入れていくことなのです。

その人の自尊心を高めることが、治療の第1歩となります。
出典 もしかして発達障害?ADHD(注意欠陥多動性障害)症状のチェックリスト - Column Latte

 

治療をするときには職業訓練のようなものをして、
ミスを少なくするようにします。
出典 大人の注意欠陥/多動性障害(ADHD) 対策。治療するか適職に付くか。 - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

 

2015年現在、日本でADHDの適応薬として認可を受けているものは「ストラテラ」、「コンサータ」の二種類。
出典 注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia

 

世界保健機関ガイドラインでは、児童青年のADHDへの第一選択肢は心理療法(心理教育、ペアレントスキルトレーニング、認知行動療法など)であり、薬物療法は児童青年精神科医の管理下でのみ行うことができ、かつ6歳未満に対しては投与してはならない。
出典 注意欠陥・多動性障害 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20210612142356j:plain


その他にも、漢方薬や鍼治療法も有効だそうです。

 

 

<子供の症状>

■多動性

・座っているべきときに落ち着いて座っていることが難しい
・遊びや余暇活動におとなしく参加することが難しい
・過度におしゃべりをする
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

■衝動性

・質問が終わらないうちに出し抜けに答えてしまう
・順番を待つのが難しい
・他の人がしていることをさえぎったり、邪魔したりしてしまう
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

■不注意

・勉強などで不注意な間違いをする
・課題や遊びの活動で注意を集中し続けることが難しい
・興味のあることには集中しすぎてしまい切り替えが難しい
・話を聞いていないようにみえる
・課題や活動を順序だてて行うことが難しい
・同じことを繰り返すのが苦手
・必要なものをなくしてしまう、忘れっぽい
・注意が長続きせず、気が散りやすい
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

f:id:mylifestory32:20210612142618p:plain

 

 

<大人の症状>

■多動性

・落ち着かない感じ
・貧乏ゆすりなど、目的のない動き
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

■衝動性

・思ったことをすぐに口にしてしまう
・衝動買いをしてしまう
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

■不注意

・仕事などでケアレスミスをする
・忘れ物、なくし物が多い
・約束を守れない、間に合わない
・時間管理が苦手
・仕事や作業を順序だてて行うことが苦手
・片付けるのが苦手
出典 ADHDとは?|どんな症状なの?|大人のためのADHD情報サイト

 

f:id:mylifestory32:20210612142711p:plain

 

 

ADHDのお子さんとの接し方

ADHDの子どもたちは自分に自信が持てずに、結果色々な方面で支障をきたしてしまう事が多々あります。
その為、ADHDの子どもたちと接する際は以下の点に注意して接することが必要です。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

f:id:mylifestory32:20210612142859j:plain

 

(1)よく褒めてあげる

悪いことをした場合は叱っても構いませんが、何よりも褒めることが大事なので良く褒めてあげることが大事です。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

・気づいたらできるだけ早くほめる
・子どもと目線をあわせ、自分の喜びをストレートに表現する
微笑みを浮かべて、うれしさをあらわす声で、場合によっては抱きしめるなどして喜びの感情を表しましょう。
出典 親と子のためのADHD(注意欠陥・多動性障害)情報サイト|トップページ(PCサイト)

 

(2)才能を発見する

ADHDの子どもは、自分の好きなことに関しては集中力を遺憾なく発揮することが多いです。
子どもの才能を発見し、サポートしてあげれば才能を伸ばしていくことが期待できます。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

(3)順序立てた行動を促す

興味を持ったことからさせるようにします。ただし、マナーとして守るべきことは必ず守らせるようにします。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

(4)不安の軽減を図る

予定の変更は最小限とし、予測可能で安全な環境にします。
また、不意打ち等びっくりするようなことはしないように気を付けます。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

(5)自覚させる

予定の変更は最小限とし、予測可能で安全な環境にします。
また、どういった不注意で過ちをすることが多いか教えてあげます。
出典 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは|ADHDなど発達障害の子どもを支援[Leaf]

 

(6)集中力を高める

・テレビやおもちゃなどの刺激物を排除する
集中を求める場面では、周囲からの刺激を極力少なくするようにしましょう。例えばテレビがついていておもちゃも散乱している中で学習するのはとても難しいのです。

・部屋の隅を利用した三角コーナーを学習の場所とする
視覚的な刺激が入りにくく、集中力が求められる課題を行うには適した場所です。
出典 親と子のためのADHD(注意欠陥・多動性障害)情報サイト|トップページ(PCサイト)

 

(7)指示を具体的にする

ADHDの子どもには、言葉による指示はなかなか伝わりにくいことがあります。視覚情報は受け入れやすいため、指示を具体化することは指導に有効です。
出典 親と子のためのADHD(注意欠陥・多動性障害)情報サイト|トップページ(PCサイト)

 

(8)好ましくない行動が見られたら

・好ましくない行動がみられたら、注目せずに少し遠くで見守る
子ども自身を無視するのではなく、その行動を無視します。しばらく待って、好ましい行動をし始めたら、すかさずほめます。

・興奮している場合は、まず落ち着かせる工夫を
落ち着いたらそのことをほめ、「次はこうしてみたらどうかな」と代わりになる行動を示し、その成功を期待してあげましょう。

・指示は一度にひとつ、具体的に
「やめなさい」、「だめ」、「何度言ったらわかるの」などの叱り言葉には、何をどうしたらよいかという具体的指示は一切ありません。ADHDの子どもたちは指示の内容を理解はしても、どうしたらよいかをとっさに思いつくことができません。そのため、叱り言葉からはその場で求められる行動の正解にたどりつくことは難しいのです。叱り言葉は子どもの自信を失わせるだけで、成功体験にはつながりません。
出典 親と子のためのADHD(注意欠陥・多動性障害)情報サイト|トップページ(PCサイト)

 

f:id:mylifestory32:20210612143035p:plain

  

 


#1 小児期「ADHDの正しい理解のために」 - YouTube

 


「子どもの注意欠陥障害、注意欠陥・多動性障害や自閉症」~どのように予防し、改善 ...

 

 

■大人のADHDの方の工夫

もしあなたがADHDを患っていた場合、様々な出来事によって感情が大きく揺さぶられることになる。常に遅れを取っているように感じて、追いつこうと必死になるかもしれない。1日中気ばかり焦って、結局何もやっていないといったこともあるだろう。
出典 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)が抱えやすい4つの悩みとその解決方法 : カラパイア

 

人と比べて生き辛いと感じたり、許せない自分が出てきたり、こだわりが強くて前に進めなかったり。

こういった時には、何とかしようとする必要はありません。

自分は、こういう特性を持っているんだと自覚を持ちましょう。
出典 もしかして発達障害?ADHD(注意欠陥多動性障害)症状のチェックリスト - Column Latte

 

f:id:mylifestory32:20210612143134j:plain

 

(1)色々な事を考えすぎないように

何度か深呼吸をしたり、「自分は大丈夫」と繰り返すのも心配を和らげる方法の1つだ。考えていることをリストに書き出して、優先的にやらなければならないこと、とりあえず放っておいてもいいことを把握するのもいい。書くだけでも心配を和らげてくれる。
出典 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)が抱えやすい4つの悩みとその解決方法 : カラパイア

 

(2)刺激の集中砲火に対応するために

大きな物音や鼻につく臭い、あるいは日光まで何もかもがあなたの気を散らせる。ADHDの人にとって周囲の環境を無視することは非常に難しいのだ。
それに対しては前もって準備しておくことだ。うるさい場所では耳栓、眩しい場所ではサングラスといった具合だ。職場がうるさすぎたら、会議室で仕事するようにしてみよう。可能であれば、勤務時間をズラして、誰もいないオフィスで仕事をするという手段もある。
出典 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)が抱えやすい4つの悩みとその解決方法 : カラパイア

 

(3)散らかり放題になってしまわないように

あなたの机の上は、未払いの請求書、未完成の書類、未返信の手紙などが山盛りになっているかもしれない。何が問題かって? それがやっていないことを思い出させる「督促状」になっていることだ。さぞ気持ちをげんなりさせることだろう。
これに対しては2つのリストを作ると効果的だ。1つは、やる必要のあることややりたいことを網羅したマスターリスト、もう1つはその日優先的に処理しなければならないことを記した、1日のやることリストだ。
たった15分でいいから散らかった物を片付けるのも効果的だ。
出典 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)が抱えやすい4つの悩みとその解決方法 : カラパイア

 

(4)見つけられない時には

ADHDの人はよく鍵や財布などを失くす。これはADHDによって短期記憶が阻害されてしまうからだ。大切なものを失くすと、出勤時間や大切な待ち合わせに遅刻することになりかねない。
感覚を余計に使うことで記憶力を向上させることができる。例えば、何かものを置く場合、しばらくそこに留まってじっと自分の行為を見つめ、置いた場所を口に出して言ってみる。こうすれば、身体の動作、持ち物を置く自分の観察、そしてそれを声に出すという3つの感覚が動員される。
出典 大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)が抱えやすい4つの悩みとその解決方法 : カラパイア

 

f:id:mylifestory32:20210612143429j:plain

 

【思い切って新しい仕事を探してみるのも一つの手かも・・・】

仕事は適材適所と言います。
あなたにも適所があるはずです。
その適所を探すのです。
出典 大人の注意欠陥/多動性障害(ADHD) 対策。治療するか適職に付くか。 - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

f:id:mylifestory32:20210612143521j:plain

ミスが許されない仕事にビクビクしながら働くより、
自分の能力が活かせる仕事をした方が断然楽しいです。
出典 大人の注意欠陥/多動性障害(ADHD) 対策。治療するか適職に付くか。 - 発達障害についてのまとめ(仕事・適職や子育て・勉強なども)

 

f:id:mylifestory32:20210612143602p:plain

 

 


動画でADHDを解説してみたYO【前編】 - YouTube

 


栗原類が告白! 注意欠陥多動性障害ADHD)ってどんなものなの? - YouTube

 


大人のADHD(注意欠陥・多動性障害)の当事者「さくら」です。 - YouTube