世の中のいろんなこと...

世の中の気になる話題をとことん斬ります!?

藤子不二雄の名作ライブラリー 「オバケのQ太郎」

オバケのQ太郎

オバケのQ太郎』(オバケのQたろう)は、藤子不二雄藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄)とスタジオ・ゼロによる日本のギャグ漫画作品、およびそれを原作としたテレビ・劇場アニメ作品。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103429j:plain


藤子不二雄の代表的作品であり、最初のヒット作でもある。

これによって、藤子不二雄は児童漫画家として確固たる地位を築いた。

 

■概要

ごく普通の家庭に住み着いた、1匹の間の抜けたオバケが引き起こす騒動を面白おかしく描いた藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、藤子漫画の代表作の一つ。『オバQ』と省略されて呼ばれることも多い。

コミック版の作画にはスタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎らが手伝っているほか、3度にわたってアニメ化されたりと当時オバQブームと呼ばれる社会現象を巻き起こし、それまでシリアス志向の強い作品が多かった藤子漫画は、これを機に『ギャグ漫画の藤子不二雄』として広く認知されるようになっていく。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103530j:plain


この作品によって、藤子不二雄の得意とする「生活ギャグ」というジャンルが形作られたみたい。

 

 

小田急からつけた名前!?

週刊少年サンデー』編集部に出入りしていた子供の持ち込んだ自筆のお化け漫画「ケバ男くん」を見た編集者はお化け漫画を連載することを提案し、藤子Fが怪談やオバケ好きと聞いてオバケを主人公にした漫画を依頼した。

藤子Fと藤子Ⓐは当時作ったアニメスタジオ「スタジオ・ゼロ」へ小田急線で通勤中に小田急オバQ→「オバケのQ太郎」というタイトルを思いついた。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103612j:plain


この頃、藤子不二雄をはじめとするトキワ荘の面々が集まって「スタジオ・ゼロ」というアニメ制作会社を設立したものの、なかなか上手くいかない時期だったらしい。

そのため、漫画でなんとか会社の経費を賄おうということで、メンバー達の合作という形で始めた作品だったみたいです。

 

 

■実は9回で終了していた!?

スタジオ・ゼロの財務を支えるスタジオ・ゼロ雑誌部の仕事として、スタジオ所属のメンバーが手伝い、『週刊少年サンデー』誌上で1964年にスタートした(1964年6号からスタート。同号発売が1月22日、誌面クレジットの発行日は2月2日)が、読者の反応がまったくなく、連載は9回でいったん終了した。連載中は藤子もスタジオ・ゼロを救うための仕事としてあまり力が入らず、周囲の期待もなかったというが、連載終了後読者から再開を求める手紙が殺到し、3か月後に連載が復活。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103658j:plain


そのため、当初の予定通り9回で連載は終了ということになるのだが、「なんで終わった!?」という反響がすごかったみたいで、再び本格的に連載を開始するという経緯を辿ったそうです。

 

■多人数での共作

当初は、藤子FがQ太郎、藤子Ⓐが正太、北見けんいちが背景、石ノ森章太郎つのだじろうがその他の人物を描いていた。オバケのQ太郎の漫画の中で石ノ森や赤塚の作品のキャラクター(『おそ松くん』の六つ子やチビ太など)が度々登場していたのはこのためである。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103740j:plain


大御所の漫画家たちが、それぞれ担当するキャラクターがいて、著作権の問題のため、つい最近まで単行本の再販ができなかったと言われているようです。

 

■「オバQ」ブーム

翌1965年になって、連載は小学館の他の雑誌にも広がり、さらにアニメ化もされ、「オバQブーム」と呼ばれる社会的現象にまでなった。
出典 オバケのQ太郎 - Wikipedia

 

f:id:mylifestory32:20201123103805j:plain


1965年というと昭和40年ですか、、、

本当にすごいブームで社会現象にまでなったそうですね。

 

 

■主なキャラクター

< Q太郎>

f:id:mylifestory32:20201123103906j:plain
通称:Qちゃん。竹藪で生まれたオバケ。大原家に居候し、いつも正太と行動を共にしている親友の仲。大飯食らいでお人よし、鈍くさくて頭はあまり良くないが、繊細で落ち込んだり傷ついたりすると、時々家出を企てては、腹を空かせるなどの理由であっさり帰って来る。身長111cm。犬が大の苦手だが、嫌っているわけではなく何度か子犬を守ったこともある。
オバケの能力を一通り持っているが、変身だけは苦手で靴になることくらいが限度。

 

<P子>

f:id:mylifestory32:20201123104147j:plain
Q太郎の妹。オバケの世界から人間界へ留学、河合家に居候している聡明で可憐なオバケ。Q太郎より頭の出来が良く、化けるのも得意で「グロな化け方」も可能。料理や裁縫は苦手で、ジェンダーに無頓着なところがある(ユカリに自分の役立ちようをアピールする際、「自分が暴漢に化けてボーイフレンドを脅し、ユカリが助けて仲を深める」策を提案するなど)。姿は白の上半身に赤いチェックのスカート、頭の毛は1本で蝶型の飾りを付けている。身長はO次郎とほぼ同じ。

 

<O次郎>

f:id:mylifestory32:20201123104229j:plain
Q太郎、P子の弟。『新オバケのQ太郎』で登場したキャラクターで、オバケの国へ一度帰っていったQ太郎が、再び人間界へ戻って来た際に連れてきた。Q太郎とともに大原家に居候している。まだ赤ん坊のオバケなので、「バケラッタ(この言葉は「オバQ音頭」の歌詞から来ている)」しか言えないが、「ナニラッタ?」「バカラッタ!」「ダメラッタ」「アホラッタ」など、多少のバリエーションがある。このため、意思伝達にはQ太郎の翻訳が必要。

 

<U子>

f:id:mylifestory32:20201123104325j:plain
人間の世界に憧れてやって来た、小泉家に居候しているおてんば娘のオバケ。柔道に入れ込んでいるが、がさつで乱暴、家事が一切できない。Q太郎が好意を寄せているが、逢うたびにQ太郎を柔道の稽古相手にしたり、家事を任せてしまっている。しかし、内心ではQ太郎に想いを寄せている部分も。ギャング映画を愛好したり足で襖を開ける、茶道を習いに行った席でシェーをしてふざける、箏をエレキギターのように弾いたりするなど、典雅、可憐に対する理解がない。太ることを著しく気にしており、それを指摘されると烈火の如く怒りを現にする。

 

ドロンパ

f:id:mylifestory32:20201123104456j:plain
アメリカ・テキサス出身のオバケ。神成家に居候している。アメリカでは大地主の家に住んでいた。頭が良くて運動神経がいい上、さまざまな物・人に化けられる。いつもQ太郎のことをバカにしている。少々ニヒルなひねくれ者だが、実際は寂しがり屋で心優しい。Q太郎がオバケの国へ帰っていた時期には、Q太郎に化けて悪戯をしていたこともあった。体は薄桃色の一体型で、Q太郎と異なり脚もきちんと分かれている。

 

<大原正太郎>

f:id:mylifestory32:20201123104532j:plain
通称:正ちゃん。大原家の次男。小学生。身長135cm。弱虫で成績も余り良くなく、一時はクラスで下から2番目だった。ある日、友人達と忍者ごっこをして遊んでいるところ、竹藪の中でQ太郎の卵を偶然見つける。
卵から孵ったQ太郎に付きまとわれ初めは困惑するが、色々と世話を焼かれ次第に友情を深めていくようになり、いつもQ太郎と行動を共にしている。

 

<大原伸一>

f:id:mylifestory32:20201123104754j:plain
通称:伸ちゃん。大原家の長男で正太の兄。中学生で三枚目キャラクター。弟と違い、学業成績はそこそこ良好。当初は猫を連れて来て飼いたいと切り出し、正太の連れて来たQ太郎と猫、どちらが役に立つかを競わせていた。オーディオマニアで、自宅にいる時は大抵音楽を聴いて過ごしているが、持っているレコードはビートルズプレスリーばかりらしい。好きな女の子ができるとすぐに告白するが、だいたいフラれている。

 

 

<小泉美子>

f:id:mylifestory32:20201123104922j:plain
通称:よっちゃん。正太のクラスメートで優等生。身長140cm。アップにした髪のリボンがチャームポイントの優しい少女。正太やゴジラ達が憧れているが、本人は友達程度としか思っていない節がある。長電話の悪癖がある。作画は石ノ森(学年誌版は藤子F)が担当。藤子作品では定番の紅一点キャラクターであるが、高原に別荘を構えるなどかなりのお嬢様でもある。

 

<西郷強>

f:id:mylifestory32:20201123104958j:plain
通称:ゴジラ。学校、町内でのガキ大将。大柄な正太のクラスメート。身長150cm。実家は酒屋を営んでいる。いつもキザオ、イナリ、タヌキを子分として引き連れている。正太に意地悪をはたらくことも多いが、基本的には互いに良き友人として接している。弟がいる。作画は石ノ森(学年誌版では藤子F)が担当。

 

<木佐キザ夫>

f:id:mylifestory32:20201123105151j:plain
正太のクラスメート。裕福な家庭で、名の通り気障で新しい物を買っては自慢する癖がある。ゴジラを「親分」と呼んでいたこともあった。身長127cm。『ドラえもん』のスネ夫にも通じるキャラクターだが対抗心を露にすることもあり、必ずしもおべっかばかり使っているわけではない。眼鏡がないとほとんど何も見えず、『ギャハハ三銃士』で眼鏡が壊れてしまった際には失敗ばかりしていた。

 

ハカセ

f:id:mylifestory32:20201123105239j:plain
正太のクラスメート。姓は「博勢」(テレビ朝日版アニメでは「湯川」)。頭脳明晰で博識かつ発明好き。ただしお人好しな上、学術関係以外では間の抜けたところがある。小柄な体格で若ハゲ。眼鏡を着用し、いつも袖がダブダブの学生服を着ている。頑固者のお祖父さんと二人暮らしで、祖父を非常に慕っている。乗り物に極端に弱く、バスの絵を見ただけで乗り物酔いを起こす。

 

オバケのQ太郎|アニメ・特撮|テレ朝チャンネル

 

f:id:mylifestory32:20201123105607j:plain

 

「オバケのQ太郎」誕生50年。Q太郎のQはどこから来たのか ...

 

f:id:mylifestory32:20201123105642j:plain

 

オバケのQ太郎~懐かし映像~ - Middle Edge(ミドルエッジ)

 

f:id:mylifestory32:20201123105711j:plain

 

オバケのQ太郎 ~Qちゃんネル~

 

f:id:mylifestory32:20201123105741j:plain

 

f:id:mylifestory32:20201123105835j:plain

  

  


オバQ音頭 曽我町子石川進

 


オバケのQ太郎 15「ひとりぼっちのドロンパ / へんなお見合い

 


オバケのQ太郎 16「泣くなQちゃん / Qちゃんはスター歌手」

 


ファミコン オバケのQ太郎 Obake no Qtaro

 

オバケのQ太郎 (おばけのきゅーたろう)とは【ピクシブ百科事典】

 

オバケのQ太郎 - 石川進 - 歌詞&動画視聴 : 歌ネット動画プラス

 

オバケのQ太郎とは (オバケノキュータロウとは) [単語記事 ...

 

オバケのQ太郎 - Wikipedia


----- --------